スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

SDCC Report 04

ドローイングセッション

SDCCが一番盛り上がる土曜日の夜、会場隣のMarriott Hotelで
「ドローイングセッション」が行われました。
これはアーティスト同士が集まって、スケッチをして交換したり
お互いのポートフォリオを見せ合ったりして交流を図るイベントです。

グリヒルは札幌のイラストレーター、マーティ伊藤さんと共に参加しました。
日本人はたぶん私たちの3人だけ。
マーティさんは以前からDSに積極的に参加されていて、
お友達のアーティストを何人か紹介してくださりました。

いかんせん英語の壁が厚くて、あまりコミュニケーションを取れませんでしたが
グリヒルのポートフォリオを沢山の方々に見てもらってコメントを貰ったりして
とても有意義で刺激的な夜となりました。

Alberto Ruizさんにはしきりにあなた達は本を作らないのか?と言われてしまい
次回は名刺代わりに簡単なスケッチブックを作っていこうかなぁと思案中。


これは頂いた本の数々。


左から
Sean Gallowayさんのスケッチブック。
嬉しいコメントつきのサインまでしていただきました。

Johane Matteさんのオリジナルコミック「HORUS」。
会場の個人ブースに行ったとき、グリヒルのPPを知っていて話しかけてくれました。
DSでお礼を・・・と思いましたが、お会いすることが出来なくて残念~。

・DSの間、始終気さくに話しかけてくださったRyan Odagawaさんのスケッチ集。
11月にImage Comicsからでる「LowOrbit」というアンソロジーに参加してるそうです。

・すっかりお世話になってしまったマーティさんの作品集。
イラストのラフスケッチから完成までの行程が見られて素敵です。

・Ed Raynoldさんからは「zowie comics」を。
DSのメンバー・アーティストさんたちのアンソロジーです。

下は頂いたスケッチ。




ロスのアニメーター、Keith HolvenさんとBrad Milletteさんから。



これはDSの帰り際に貰ったスケッチ。
もしかしてこれは私・・・なのかなぁ。
(確かに当日はこんな格好をしていました)
急いでいたので、お名前を伺えず・・・。
サインにはBryantとかかれてありました。
きちんと御礼を言えなかったのが心残りです。
    17:28 | Top
プロフィール

Gurihiru(グリヒル)

  • Author:Gurihiru(グリヒル)
  • イラストレーター、コミックアーティスト。グリヒルは作画担当のササキとカラリストのカワノで構成しているユニット名です。2003年にフリーランスとして独立。主にアメリカンコミックスのアーティストとして活動しています。埼玉在住。日本イラストレーション協会JIILA会員。

    お仕事のご依頼は
    g-main☆gurihiru.com
    までお願いします。
    (☆を@に変えて下さい)

    Hello! We are freelance Comic artists/illustrators in Japan. Sasaki is penciler, inker. Kawano is colorist. "Gurihiru"is a unit name.

    English blog is here !

    このブログ内の全ての画像の無断使用、複製、転載などの行為はお止めください。
    -----------------------
    コメントはこちらへ↓


Twitter
Link
HP English Blog
Flickr
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing items in a set called Girls illustrations. Make your own badge here.
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月刊アーカイブ


カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。